日本学術会議 公開シンポジウム

農林水産業への地球観測・地理空間情報技術の応用

サンプル画像


開催日時:平成25年3月21日(木) 13:00〜17:30
開催場所:日本学術会議 1階 講堂(東京都港区六本木7-22-34)
参加費:無料(定員300名、登録不要、先着順)


<講演>
福田 徹 「次世代地球観測衛星および測位衛星の農林水産業への実利用」
澁澤 栄 「リモートセンシング・GIS技術の精密農業分野への応用」
村上拓彦「リモートセンシング・GIS技術の森林保全・管理への応用」
野口 伸 「Multi-GNSSとGISによる農業自動化・ロボット化」
小松輝久「リモートセンシング・GIS技術の沿岸域管理・環境保全への応用」
和田時夫「リモートセンシング・GIS技術の水産業振興への応用」

<パネルディスカッション>
「持続可能な食料生産と環境保全−RS/GIS技術の社会実装」
コーディネータ:齊藤誠一
パネリスト:講演者6名



主催:日本学術会議農学委員会・食料科学委員会合同農業情報システム学分科会、食料科学委員会水産学分科会
後援:地理情報システム学会、農業機械学会、日本水産学会、水産海洋学会