Field Work

現場観測

衛星データを正しく使うためには、現場観測が必要です。本研究室では、毎年調査航海に参加し、光の観測や植物プランクトンに関する実験を行っています。

光学観測 ー分光放射計ー

Optics1

海洋中の光を定量することは、植物プランクトンのバイオマス等を衛星から推定する海色リモートセンシングにとって大変重要です。本研究室では、水中分光放射計C-OPS(写真中の赤と黒の物体)を用いて、海洋中の光強度を測定します。

光学観測 ー後方散乱計ー

Project 02

海中に入射した太陽光は海中の懸濁態および溶存態物質によって吸収、もしくは散乱されることで変化します。このうち、懸濁態物質による後方への散乱の大きさは、後方散乱計HydroScat-6によって鉛直的に連続で観測することができます。

採水

Project 03

海水中の懸濁態および溶存態物質の量や組成、特性などを詳しく調べるためは、実際に海水を分析する必要があります。分析に用いる試水は、採水器を用いて採水します。フレームに取り付けた採水器から、所定の深度で採取された海水を目的に応じた方法で採水します。

培養

Project 04

海洋の植物プランクトンによる年間の純基礎生産量は、陸上の植物による基礎生産とほぼ同等であることが知られています。採水した試料を任意の光・温度条件下で船上培養し、その海域の基礎生産量を調べます。

濾過

Project 05

海中の植物プランクトンバイオマスや種組成、光学特性、基礎生産量などを調べるために、試水をろ過します。ろ過後のフィルターやろ液を測定項目に応じた方法で処理することで、様々な情報を収集します。

分析・測定

Project 06

ろ過したフィルターやろ液は、船上もしくは研究室で分析にかけられます。写真は、手前から、クロロフィルを測定する蛍光光度計Turner-10AU、溶存態物質の光学特性を測定する分光高度計UV1800、懸濁態物質の光学特性を測定する分光高度計MPS2450です。


参加航海

航海ID 航海期間 船舶名 調査海域 参加メンバー
OS040 2017年7月2日–8月1日 おしょろ丸 北極海 平譯先生, 和賀, 朴, 新目
OS036 2017年2月22日–28日 おしょろ丸 三陸沖 平譯先生, 和賀, 金子
MR1606 2016年8月22日–10月5日 みらい 北極海 和賀
OS026 2016年6月1日–7月19日 おしょろ丸 西部北太平洋 平譯先生, 金子, 笠島, 中川
OS023 2016年2月22日–28日 おしょろ丸 日高湾 和賀
OS014 2015年7月21日–8月7日 おしょろ丸 福島沖 平譯先生, 和賀, 金子
KH15-1 2015年3月8日–23日 白鳳丸 千島列島沖 平譯先生, 和賀
Mu14 2014年6月8日–30日 Multanovskiy カムチャッカ半島沖 平譯先生, 和賀, 寺本
OS255 2013年6月23日–7月17日 おしょろ丸 北極海 平譯先生, 藤原, 和賀, 雪原