About Us

研究室概要

2000年4月1日に大学院水産科学研究科が創設され、資源計測学講座(現:海洋計測学講座)に本研究室が発足しました。本研究室では、宇宙からの海洋観測である衛星リモートセンシングを用いて、生物生産環境と生物資源の時空間変動を調査・研究しています。


年間スケジュール

4月 研究室ガイダンス 顔合わせや研究室の決まり事の確認
新人歓迎会 新4年生や新しく研究室に加わったメンバーの歓迎会
5月 研究計画発表 卒業研究の計画の発表
6月〜10月 フィールドワーク
学会発表 主に大学院生は学会で研究成果を発表
11月 第一回中間報告 これまでに得られた成果を報告
12月 第二回中間報告 第一回目の中間報告から修正・追加した内容の報告
初稿提出 卒業論文の初稿を提出
2月 卒論発表 大講座(コース)単位で合同の卒論発表会
卒論提出 卒業論文を提出
3月 卒業式

近年の研究テーマ

– 卒業研究 –

  • オホーツク海の海氷と北太平洋亜寒帯域の基礎生産量の関係
  • 北極海域の基礎生産力推定アルゴリズムの開発
  • 北極海域の植物プランクトン群集組成推定アルゴリズムの開発
  • 福島第一原子力発電所沖の懸濁物量の分布と変動
  • アナディール湾とベーリング海峡における水塊構造

  • – 修士研究 –

  • 西部北太平洋亜寒帯域における基礎生産量の季節性と栄養物質濃度との関係
  • 西部北極海域のpCO2と基礎生産量の関係
  • 植物プランクトンサイズ組成の時空間変動

  • – 博士研究 –

  • 西部北極圏海域における海洋環境変動に対する 植物プランクトン群集の応答


  • 卒業後の進路

    – 学部卒 –

  • 北海道大学水産科学院修士課程
  • 北海道大学環境科学院修士課程
  • 東京大学大学院修士課程
  • 地方公務員
  • 日立金属
  • 富士通FIP

  • – 修士卒 –

  • 北海道大学水産科学院博士課程
  • 北海道大学環境科学院博士課程
  • パスコ
  • 富士通FIP
  • マリンワークジャパン
  • RESTEC

  • – 博士卒 –

  • 国立極地研究所
  • JAMSTEC


  • 衛星研に興味がある学生さんへ

    教官にアポイントをとって直接話す機会を持つことをおすすめします。
    研究テーマに加え、研究室の雰囲気などについてもより詳しく知ることができます。
    研究室見学は随時受け付けていますので、
    まずは、下記連絡先までお気軽にご連絡ください。

    ・平譯准教授
     TEL:0138-40-8844 E-mail:hirawake◎salmon.fish.hokudai.ac.jp
    ・阿部助教
     TEL:0138-40-9943 E-mail:abe◎fish.hokudai.ac.jp